<< Atelier muguetさん「ひなまつりレッスン」 | main | 花苗入荷しました! >>
2018.02.23 Friday

春を先取り!珍しいお花の苗入荷しました。

0

    2月に入ってから一層積雪量が増えてしまって、お願いだからもうこの辺りで勘弁して頂きたい。

    と、切に思う日々を過ごしております。

    雪掻きもだいぶ飽きましたね(^_^;)

     

    今年の春は早くやって来ると信じて、春を迎える準備を着々と進めています。

    4月にはガレージのシャッターを開けて、花苗や鉢などの雑貨がたくさん並ぶことになりますが

    今は花苗の予約注文と、春店頭に並ぶ大量の雑貨たちと格闘しております。

    そして何より、より良いお店づくりの様々なアイデアを、形にしようとしています。

    急ピッチで進めないと春がやって来てしまう!!!・

    先程書いたことと真逆な心境で、複雑なところです。

     

    さて、グリーンフォレストでは春を先取りして、ちょっと珍しいお花たちがやって来ました。

     

    「マーガレット」と「オステオスペルマム」

     

    毎年出回る、よくある花じゃないかと思いがちですが、こちらの品種は特別なんですよ。

    今年から新しく、生産者さんから直接仕入れることになりました。

    生産者さんが独自に交配して商品開発をされた、オリジナルの品種になります。

     

    マーガレット

     

     

    お花の中央部分が淡いピンクで、外側の花びらが白(うっすらピンク色)の

    セミダブル咲きです。

    じーっと見てみると、真ん中の小さな花弁がとっても可愛いんですよ〜

     

     

    どんどん咲き進むと、中央部分がまぁるく半円状になっていきます。

    特徴はお花の形や色はもちろんですが、何と言っても花持ちが長く、お花の形の変化を楽しめますよ。

     

    オステオスペルマム

     

     

    咲き始めはクリーム色で、だんだんとオレンジ色へ。

    もう1種類は淡いピンク色からアンティーク調の落ちついた色合いへと変化していきます。

     

     

     

    通常アステオスペルマムは、花首が短くコンパクトにまとまるように作られています。

    こちらはその真逆で、花首を伸ばすように改良された品種です。

    お花が一ヶ所にまとまらず、自然な雰囲気になるようになっています。

    寄せ植えした時に、花首が長いことで、花と花の間に違う花が織り交ぜられて

    素敵な仕上がりになりそうですね。

     

     

    蕾も沢山ついて、とてもしっかりとした苗です!

    これから次々と咲いてくれそうですね。

    更にポイントは、暗くなっても花が閉じにくく、横に広がる横張性に改良されています。

    こちらの改良に、ナント4年も掛ったそうですよ!

    どちらのお花も、同シリーズの品種で3つも賞を受賞されています。

     

    生産者さんの苗を育てる熱い思いを皆さんにお伝えしたくて

    ついつい私も熱くなってしまいました。

     

    生産者さんの思いも一緒に、素晴らしい花苗を皆さんにお届けできたらと思っています♪

    ぜひお店に見にいらしてくださいね(*^_^*)

    コメント
    コメントする